【裏技】もうダブりはイヤ…!ハッピーセットのおもちゃ交換方法

【裏技】もうダブりはイヤ…!ハッピーセットのおもちゃ交換方法

【※注意】

今回のハッピーセットのおもちゃ交換の「裏技」は、マクドナルド公式がNGとしているわけではありませんが推奨しているわけでもない限りなくグレーな裏技です。

マナーが悪い方が増えると、最悪この技が「NG」となることも考えられます。

店員さんのご厚意によって成り立つ方法なので、今回紹介する方法を使う場合はくれぐれも最低限のマナーを守って、対応して頂いたことへの感謝の気持ちを決して忘れないようにしてくださいね。

それでは本文へどうぞ↓

何が出るかわからないハッピーセット

子どもが大好きなマクドナルドのハッピーセットのおもちゃ。

お気に入りのキャラクターがキャンペーンの時は嬉しい反面、おもちゃが選べないタイプだと欲しいおもちゃが確実に出るのか不安ですよね……。

ハッピーセットのおもちゃは、赤や青など色の濃い袋に入っていてほとんど透けないので、外からではなんのおもちゃ(キャラクター)が入っているのかは判別できません。

開けるまで何が入ってるかお楽しみなので、ガチャガチャのようなワクワク感がありますよね♪

でも、全種類揃えたい時やどうしても欲しい物がある時は、何度買っても出てこない・同じおもちゃが繰り返しかぶってしまうと金銭的にも痛く、ワクワク通り過ぎて次第にはドキドキすぎるプレッシャーに……。

今回、子どもがハマっているすみっコぐらしのおもちゃだったので、週末にハッピーセットを家族で食べる、という事を3週繰り返したのですが、全部6種類あって最後の1種類がどうしても出てきませんでした。

最後は、「ねこ」が欲しいのにもらった2つは明らかにネコ耳がないキャラクター。

それに、うっすら顔も見えるので欲しいキャラではない事は開封前から手触りで分かりました。

そういえば…

ネットでハッピーセットのおもちゃは未開封であれば交換してもらえるという情報を見た気がしたので、ダメ元でレシートとおもちゃの袋を持ってカウンターに行きました。

「未開封なんですが、おもちゃを交換してもらうことって出来ますか?」

すると、にっこりスマイルで「大丈夫ですよ♪」と快く対応して頂けた上に袋まで選ばせてもらえました(※店舗や店員さんにより異なります)。

でも……2ケースあったおもちゃの中にはどんなに探しても「ねこ」耳がついたキャラはなかったのです(汗)。

まさかの店舗在庫に“推し”が無い

「ねこを探してるんですが、もうこれだけしか無いですかね?」

というと、優しい店員さんも一緒になって探してくれて「袋の裏の番号で分かるんですが、もうねこちゃんのは無いかもしれませんね……」との事。

えっ?袋の裏に番号なんてあるんですか??

すべて同じだと思われていた袋ですが、袋に記載された番号で中身が分かるという今まで知らなかった情報を得ることができました。

残念ながらこの店自体に欲しいキャラが残っていなかったわけですが、帰宅後私は検索しました。

Google検索

「すみっコぐらし ハッピーセット 番号」

と入力しようとすると「すみっコぐらし ハッピーセット 識別番号」

と出てくるではないですか。んん!?識別番号……!それだ!

ありがたいことに、ネットで調べたら大抵の事は何でもわかる時代。

すみっコぐらしの全キャラ識別番号を載せてくれているサイトがたくさんありました。ありがたぁい!

袋の裏の右下に「GFU-4567」と書かれている部分。これが「ねこ」の識別番号です。

ちなみに「ぺんぎん?」の識別番号は「GFU-5678」キャラが違うと確かに番号が違ってますね!

ここの番号で中に入っているキャラクターが判断できるので、

①開封しなくても中のキャラクターが分かる

②店員さんに欲しい番号を伝えれば探してもらえる

 スムーズに欲しいおもちゃが確実にゲットできる!というわけです。

そうして、1人自転車で別店舗のマクドナルドまで行き、レシートと未開封おもちゃを持って行き交換可能か聞いてから「番号○○の分が欲しいです」と伝えて「ねこ」を無事ゲットできたのでした。

本当によかった!調べてよかった!ありがとうネット情報……!

全キャラの識別番号はこちら

しろくま…HXT-0123
ぺんぎん?…GFU-5678
とんかつ…HXT-1234
ねこ…GFU-4567
とかげ…GFU-3456
おばけ…HXT-2345

識別番号があるのは何のため?

そもそも、なぜ識別番号があるのかというと、もしハッピーセットのおもちゃが破損・不具合で「Bのおもちゃが壊れていたので交換」となった場合、店員さんが膨大な中身の分からない袋の中から「Bのおもちゃ」を探し出すのはとても時間がかかるし、違った物を渡してしまう可能性もあります。

でも識別番号があれば未開封でも確実に「Bのおもちゃ」を探してお客様に渡せますよね。

よって、識別番号は客である私たちが好きなおもちゃを選ぶためにあるのではなく、

お店・店員さん側のスムーズな返品交換対応のためであることが分かります。

最初の注意書きを書きましたが、このハッピーセットで好きなおもちゃを確実にゲットする・交換してもらえる裏技は、あくまで店員さんのご厚意によって成り立つ方法です。

この方法がやってもらって当たり前!○○に交換して!なんて態度でマナーの悪い人が増えて目立ってしまうと、最悪交換NGという決まりができてしまう恐れもあります。

なので、これから書く最低限のマナーをよく読んで実践してみてくださいね。

おもちゃ交換時のマナー

未開封であること(これは絶対!袋を開けてしまうと交換できません

②12時台のランチ時間帯などたくさん人が並んでいたり、カウンターが忙しい時間帯は避ける

(レシートと未開封おもちゃがあれば、空いている時間に出直しても大丈夫です)

③ネットで調べた識別番号が分かる場合は「番号○○の分が欲しいです」と伝えると店員さんもスムーズに探して下さいます

④忙しい時にサービスで交換対応をしてくださった店員さんに「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝える

【注意】

ハッピーセットを注文する時に「番号○○の分が欲しいです」とお願いすると、優しい店員さんは対応してくださるかもしれませんが探すのに時間がかかるのでレジの混雑の原因となってしまいます。

他のお客様やお店に迷惑がかからないよう、商品の受け取りが終わってから店員さんの手が空いている時を狙って交換をお願いしにいきましょう。

くれぐれも接客中ではなく、カウンター近くでトレーを拭いて清掃している店員さんなどを狙ってみてください……!

感謝の気持ちを忘れずに…

ハッピーセットのおもちゃは選べない仕様だと、通常は選ぶことはできません。

何回か買ったけどどうしても欲しいキャラが出ない、子どもが欲しいおもちゃが出なくて泣き叫んで困っている……などでお困りのママ・パパも多いかと思います。以上のマナーを守って、常識の範囲内でお試しくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする